ここで釣れる!金沢の釣り情報2019 内灘放水路のサゴシ、シーバス

こんにちは(^^)/ぎょぎょ丸です!

台風は温帯低気圧に変わりましたけど、海は大荒れ。せっかくの週末が釣り出来なくてなんともさみしいですね( ;∀;)

朝、内灘放水路を見に行ってきましたが、ごらんのとおりの大荒れで、防波堤に立ったら流されてしまうこと間違いなし!

なのでグッと我慢して、釣りの知識を植え付けるための週末に切り替えましょう♬

釣りは何より、情報が命です!(^^)!

さて、内灘放水路のサゴシ・スズキ釣りなんですが、実はなかなか知らない!絶対に知っておいて損しない情報があります( *´艸`)ココだけの話で今日はこの情報を…!

金沢港から内灘放水路にかけて、帯状の潮目があるんです。写真で言うところの赤いマークのところです。

この辺り、少し水深が変わるところなのでちょっと流れが違うため潮と潮がぶつかって潮目というものができます。

実はここにプランクトンが寄ってきやすいのです!(^^)!ということはそれを捕食するベイトが来て…それをサゴシやシーバスが食べにくる(^_-)-☆

内灘放水路の先端から約200mほどの距離なので、いつもの相棒!コアマンのpb20を思いっきりフルキャストすれば大体近くまで飛びます!
あとはブレードが魚にアピールしてくれるので大丈夫!50mくらい離れていても一瞬で襲い掛かってきます”(-“”-)”

このゾーンを気にしながら違うエリアを攻めているときに、一度でも魚が跳ねているのを目撃したら、ためらわずに狙いましょう♬

余談ですが、こんな時に確実に行ってみるべきポイントは、以前にご紹介した五郎島周辺ですよ(^^♪過去記事見てみてください!

【夏終盤!金沢の釣り情報2019 シーバスを釣ろう!】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。