金沢市 銀河の里キゴ山に最新型プラネタリウム導入!住所・時間・休館日はこちら

この記事は、金沢市 銀河の里キゴ山・天文学習棟に最新型プラネタリウム導入・住所(地図)・ふれあい研修センター・時間等・休館日をお知らせします。



銀河の里キゴ山とは

キゴ山ふれあいの里研修館、キゴ山少年自然の家、キゴ山天体観察センターの3施設は、
平成28年4月1日より『キゴ山ふれあい研修センター』として統合しました。
『銀河の里キゴ山』は統合した施設全体の愛称です。

画像引用先:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/39059/index.html

銀河の里キゴ山の天文学習棟にいつ最新型のプラネタリウムが導入されるの?

現在、銀河の里キゴ山の天文学習棟のプラネタリウムは、1998年に設置されました。
そのプラネタリウムは、約7000個の恒星が投影できます。
新型のプラネタリウムは、なんと!500万個の恒星を投影できます。
500万個の恒星を投影できる、その最新型プラネタリウムは石川県が国内で初導入されます。
銀河の里キゴ山の天文学習棟に設置される最新型プラネタリウムは、来年の3月に国内初導入です。

銀河の里キゴ山の天文学習棟に設置される新プラネタリウムとは?

新プラネタリウムは、世界的なプラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんが代表を務める太平技研(東京)が開発した「MEGASTAR」シリーズの最新機種となります。
最新機種は、原版とレンズで投影する「光学式」とCGを使った「デジタル式」を組み合わせ、光学式特有の美しい星像と、デジタル式ならではの自由な映像を展開できます。
星空の奥行を再現するため、肉眼では識別できない小さな星まで極小の点で表現し、最新の天文情報も反映されます。

銀河の里キゴ山 アクセス

『公共交通機関(路線バス)ご利用の場合』
13番「医王山」系統にご乗車いただき、「キゴ山ふれあいの里」バス停で下車ください。詳しい運行経路、時刻、運賃などについては、北陸鉄道ホームページをご覧ください。

銀河の里キゴ山 地図

『地図(マップ)の表記について』
以下のグーグルマップで「キゴ山少年自然の家」と表記されている場所が『こども交流棟・天文学習棟(プラネタリウムがある施設)』です。
「金沢市キゴ山ふれあいの里研修館」と表記されている場所が『青少年交流棟』です。




銀河の里キゴ山の住所・お問い合わせ

「キゴ山少年自然の家」(こども交流棟/天文学習棟)
〒920-1141
金沢市平等本町カ13-1
電話:076-229-1141
FAX:076-229-2511
「金沢市キゴ山ふれあいの里研修館」(青少年交流棟)
〒920-1107
金沢市小豆沢町ヲ4
電話:076-229-0583
FAX:076-229-3489

銀河の里キゴ山 受付時間

AM8:30~PM5:15
(宿泊団体がある場合は、この限りではありません。)

銀河の里キゴ山 休館日

毎週月曜日
(祝日の場合はその翌日)
年末年始
(12月29日から1月3日まで)

まとめ

銀河の里キゴ山の天文学習棟に設置される最新型プラネタリウムは、
現在のプラネタリウムと比較すると、約700倍以上の恒星の数が投影できるのですね。
4Kの映像と画像を想像するだけでワクワクしますね。
来年の3月が楽しみです。




 ]]>