若冲と光瑤~伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界~石川県立美術館(開催日)、観覧料(チケット料金)

若冲と光瑤~伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界~が石川県立美術館で開催されます。若冲(伊藤若冲)と光瑤(石崎光瑤)、二人の花鳥画の世界を石川県立美術館で鑑賞することが出来ます。若冲と光瑤の開催日(開催期間)と観覧料(チケット料金)をお知らせします。北國新聞創刊125周年・石川テレビ創立50周年・石川県立美術館開館35周年記念 若冲と光瑤~伊藤若冲とその画業に魅せられた石崎光瑤の世界~



若冲と光瑤 開催日・期間

開催日、期間:平成30年6月23日(土)~7月22日(日)

開館時間:9:30-18:00 (入場は17:30まで)

会期中:無休

主催:北國新聞社 石川テレビ放送 石川県立美術館

特別協力:南砺市立福光美術館、細見美術館

後援:石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、一般財団法人石川県芸術文化協会、NHK金沢放送局、金沢ケーブルテレビネット

若冲と光瑤 観覧料(チケット料金)

若冲と光瑤の観覧料(チケット料金)

【前売り】

一般 1000円

中高生 600円

小学生 400円

【当日】

一般 1200円

中高生 800円

小学生 600円

若冲と光瑤 プレイガイド

・北國新聞社サービスセンター

・石川県音楽堂チケットボックス

・香林坊大和

・アピタ松任ティオ

・ローソンチケット(Lコード51945)

・セブンチケット

・チケットぴあ(Pコード768-906)

・eプラス

・CNプレイガイド

若冲と光瑤 お問い合わせ

北國新聞社事業局 TEL.076-260-3581

石川テレビ放送事業部 TEL.076-267-6483



伊藤若冲とは

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)

1716年3月1日~1800年10月27日 享年84歳

近世日本の画家の一人、江戸時代中期の京にて活躍した絵師

名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。初めは春教(しゅんきょう)と号したという記事があるが、その使用例は見出されていない。斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)、心遠館(しんえんかん)、錦街居士とも号す。 写実と想像を巧みに融合させた「 奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられる。

「私の絵は1000年後に理解される」という謎の言葉を残した江戸時代の天才絵師。 生命の世界を極彩色と精密な筆致で描き「神の手を持つ男」と呼ばれた伊藤若冲(1716 ‐1800)だ。顔料の数も限られ照明もない江戸時代に、なぜ圧倒的に鮮やかな絵を描けたのか?絵に隠された肉眼では判別できない“魔術のようなテクニック”。今年、生誕300年をむかえる伊藤若冲。

近年、人気の高まっている江戸時代の画家、伊藤若冲。恐ろしいほどに緻密に描き込まれた鶏、ユーモラスに描かれた野菜、豪華絢爛に描かれた花々など、彼の作風は多岐にわたります。

石崎光瑤とは

石崎光瑤(いしざき こうよう)

明治17年(1884年)4月11日 ~ 昭和22年(1947年)3月25 日

日本の大正時代から昭和の初めにかけて活躍した日本画家。

文展・帝展を中心に活動し、写実に基づく鮮やかで装飾的な花鳥画を得意とした。

富山県西礪波郡福光町(現在の南砺市)で、素封家・石崎和善の五男として生まれる。本名は石崎猪四一。

光瑤は、明治29年、12歳で金沢に出て、琳派の画家山本光ーに師事し、琳派の古典を学び、 加えて写生が大切だとして野山で自然の写生にあけくれました。入門の翌年には 「光瑤」の雅号を授けられています。 19歳の明治36年、光瑤は京都で近代の日本画を拓いた竹内栖鳳に師事し、写生とともに画家の独自性を重視する姿勢を学びました。

富山県南砺市(旧福光町)7355番地に生まれる。 明治29年(1896): 東京から金沢に招かれた琳派の山本光一に12歳から師事する。 明治36年(1903): 京都画壇の竹内栖鳳の門に入る。 大正 7年(1918): 第12 回文展出品作、「熱国妍春」が特選を受ける。 大正 8年(1919): 第1回帝展出品作、「燦雨」が特選を受ける。 大正 9年(1920): 第2回帝展に無鑑査作品、「雪」を出品する。 大正11年(1922): 第4回帝展に審査員となる。

石川県立美術館 アクセス(場所)

〒920-0963 石川県金沢市出羽町2−1

若冲と光瑤 記念講演

若冲と光瑤 記念講演

・6月24日(日)
「若冲を支えた人々-売茶翁などなど-」
狩野博幸(美術史家)
・7月7日(土)
「色から見た若冲」
安村敏信(北斎館館長)
・7月14日(土)
「至高の花鳥画を求めて 石崎若冲-その生涯と画業-」
渡邊一美(南砺市立福光美術館副館長)

こちらも合わせてお読み下さい

金沢のお土産「菓匠 高木屋」紙ふうせんはこちらをご覧ください>

金沢まいもん寿司の店舗一覧はこちらをご覧ください>

金沢市「ひがし茶屋街」周辺の駐車場や料金、1時間100円のマル秘穴場の駐車場はこちらをご覧ください>

金沢市 東出珈琲店のモーニング、メニューや営業時間はこちらをご覧ください>

2018年 第67回金沢百万石まつりはこちらをご覧ください>

金沢21世紀美術館の駐車場と近隣の駐車場の案内はこちらをご覧ください>

私がおすすめする!金沢のお土産ランキングはこちらをご覧ください>

金沢21世紀美術館の割引サービスを受ける方法はこちらをご覧ください>

金沢21世紀美術館の入館料はいくら?無料と有料の違いはこちらをご覧ください>

金沢市 銀河の里キゴ山に最新型プラネタリウムの住所・時間・休館日はこちらをご覧ください>